IPhoneで大容量の動画ファイルをPC取り込む

私が先日体験したトラブルの解決方法を書きます。

私はiPhoneで動画を撮影して、64sec用の映像を作成しています。
この動画を、WindowsのPCに接続し、PCに転送して素材とするのですが、
なぜかファイル転送が何回やってもエラーになるファイルがありました。

確認してみると、ちょっと長い動画でした。

グーグル検索で似たような事例を調べたところ、
「大体700M以上の容量の動画を転送すると、エラーが出る」ということを知りました。
このときはDropBoxを使用して転送に成功したのですが、あまりにも時間がかかって、
毎度これでは大変だなと思い、さらに詳しく調べたところ、
iFunBoxというフリーツールを知りました。

このツールは、iTuneがインストールされていることが前提ですが、
エクスプローラーのようなUIで、iOSのデバイスのファイルを管理できるのです。

簡単に導入方法を解説します。
まずはiFunBoxのサイトから、インストール用のデータをDLします。
t_1_1
赤線で囲ったボタンがダウンロードのためのリンクです。
他のDowunload表記は広告などもあるので注意しましょう。

t_1_2

Windowsを使用している人は、最新版のexeファイルをダウンロードすると、
インストーラーが入手できます。
インストーラーには余計なソフトは添付されていないようです。
インストーラーを選択すると言語選択画面になりますが、
日本語が選択可能で、複雑な手順も特にありません。

t_1_3

iOSデバイスを接続していると、このようにエクスプローラー風の画面で、
コンテンツ管理が可能です。
通常撮影した動画は、カメラの中に入っていますので、右クリックで「PCに転送」すれば、
700M以上のファイルでも簡単に転送ができます。

現在iPhone5の動画は、HDで撮影できるので、ファイルが大きくなりやすいです。
困った方の一助になれば幸いです。

コメントなどは以下のフォーラムにお願いいたします。
64sec Mobile Movie Makingグループ

Bookmark the permalink.

One Comment

  1. テスト

Comments are closed