iPhoneで解像度を下げて撮影する

私が今までiPhoneで動画を撮影した時に、
何回か「撮影できていない」ということがありました。

なぜ撮影できなかったかというと、「iPhoneの空き容量が足りなかった」
ためです。

現在iPhoneのカメラはかなりよい物が使われており、
HD画質、1080Pの映像を撮影することが可能です。
逆に言えば、それだけ容量も食ってしまいます。

細かく撮影して、その都度PCにバックアップを取るのも手ですが、
長く撮影したい時もあると思います。

そこで、撮影するときの解像度を下げて、容量を節約する方法を紹介します。

使用するのは無料のアプリ「Optrix HD」です。

このアプリを使うと、480P~1080pの解像度を選択して、撮影することができるようになります。
pteika01
右側の設定のアイコンをタップしします。

pteika02
解像度選択のメニューを選びます。

pteika03
今回は480pを選択します。

一般的にDVDの画質が480Pくらい、youtubeなどでよく使われる像度は、240p~480Pですので、
480pでも、十分な画質の映像を撮影することができます。

ただし、このアプリで撮影した映像は、ロゴが入ってしまいます。

pteika04
また、iPhoneに出力するのに、いちいちアウトプットの手間がかかります。

有料のアプリで、もっと高性能なアプリもあります。
こちらのProCamは日本語にも対応しています。

コメントなどは以下のフォーラムにお願いいたします。
64sec Mobile Movie Makingグループ

Bookmark the permalink.

Comments are closed