有料アプリ「ProCam」を使用してみました

先日「iPhoneで解像度を下げて撮影する」でもご紹介した、
iOSアプリ「ProCam」を実際に使用してみました。

通常の価格は200円ですが、期間限定値下げで100円で使用できました。

デジカメのインターフェースを意識しているのか、
ぱっと見ても、わかりやすいメニュー画面です。
一般的にデジカメで設定できるような項目が、かなり利用できて、
高機能という感じを受けました。
procam1
メモリーの残量や、バッテリーの残量も上のアイコンでわかるようになっています。
また、撮影を開始すると、現在の空き容量も表示されます。

procam2
「MENU」を押すと、左からグリッドの選択、FPSの選択、
解像度の選択、フラッシュの設定を行うことができます。
そのほかのセッティングは「SET」ボタンです。

もちろん保存した写真、動画はそのまま、写真の中に保存されます。

今後はこのアプリで撮影した作品も紹介していく予定です。

ProCam

コメントなどは以下のフォーラムにお願いいたします。
64sec Mobile Movie Makingグループ

Bookmark the permalink.

Comments are closed