簡易レフ版を使ってみました

先日の撮影の時の出来事です。
屋内での撮影だったのですが、照明の位置が悪く、
役者さんの顔が暗くなってしまいました。

このままでは、雰囲気が暗くなりすぎてしまいますが
照明機材などはもっておらず、
カメラの設定を変えることも考えていましたが、
簡易レフ板を借りて、撮影することができました。

レフ板は光を反射して、被写体の明るさを変更する機材です。
お借りしたのは、「簡易レフ」「ミニレフ」などと呼ばれる、
丸型の折りたたみレフです。
ワイヤーで円形に作ってあり、内側のシートが、軽く光を反射するようになっています。

こちらを使用して、光を役者さんにあてたところ、自然なかんじで、
顔が明るくなり、いい表情が撮影できました

ネットの通販などで、1500円程度から、安いものは1000円くらいでもあるようです。
私が調べた時点では、amazonで690円という商品がありました。

リバーシブル レフ板

http://www.amazon.co.jp/dp/B007VA4RE2

コメントなどは以下のフォーラムにお願いいたします。
64sec Mobile Movie Makingグループ

Bookmark the permalink.

Comments are closed